◇年始に参拝する重要性とは・・・・

◇年始に参拝が必要なワケとは・・・

頼朝さんだって夫婦そろって祈願したのが三嶋大社。
参加者さんはそれぞれの思いを持って参加されます。

昇殿参拝で、いつも思い、感じること。
賽銭箱にお賽銭を入れて、
手を合わせる参拝とは違いますから。
感覚として、心が、頭が「無」になり
素直に生きていること自体に感謝ができます。
ちなみに、このツアーでは、
団体参拝となります。
毎回感じるのは、
本当に迫力があり、圧巻だということです。
団体の30人超え、多いときには50人超えの時もありました。これだけの大人数ですから
エネルギーを感じないわけがありません。
壮大なそれぞれの人生を
拝殿の中の空気が包み込みます。

そうです、言い忘れていました。
大事なのが昇殿参拝の前に、
バスの車中では、遠藤先生の講話があります。
講和といっても、リラックスして
神社のこと、参拝の仕方を聞くことができます。
参拝に大切なのは、
その神社のことを知ること。だと遠藤先生は
おっしゃっています。
そりゃ、そうですよね。
その神社の神さまの事を知って参拝するのと、
しないのでは大違い。心構えが違います。
このあたりも遠藤先生は解説してくださいます。
(あとですね、遠藤先生は脱線して本当かよという世界的な壮大なお話もされます、
これが面白くて、毎回爆笑です、これも楽しみです。)
バスの車中にて、神社参拝の心構えが、
バッチリ出来上がった状態で
昇殿参拝するのです。
そうなのです。
団体参拝のそれぞれの気持ちを整えてのぞめるのです。心を整えた上で。
参拝者全員の皆の気持ちをひとつに一点に集中することができ、手を合わせるのです。
だから、すごいのです。
そんな気持ちで神さまと自分自身と対面すること。
この昇殿参拝の瞬間がたまらないのです。
なかなか 自分の事を悟る時機会はないでよね。
気になった方は
◇朝活シェアカフェ
2020 令和2年1月13日 祝日 三嶋大社開運初詣ツアー
の参加ページからお申し込み下さいませ。

<朝活シェアカフェpresents>

参加申し込み、

詳しくはこちらをクリックください。

http://sharecafe.chu.jp/post_lp/013-2/

詳細ページ

http://sharecafe.chu.jp/post_lp/0113-2/

ピンときたら是非 一生に参拝しましょう。