「源頼朝」奇跡の大逆転ストーリーを押さえて下さいませ。 □大逆転その3

【三嶋大社参拝まであと4日】
□1/13朝活シェアカフェ「開運初詣ツアー」
三嶋大社へ参拝する人は、
読んでおきたい絶体絶命の
「源頼朝」奇跡の大逆転ストーリーを押さえて下さいませ。
□大逆転その3
三嶋大社へ参拝する人は、読んでおきたい
絶体絶命の「源頼朝」奇跡の大逆転ストーリー。

絶対絶命の中、源頼朝は、
そこで、考えたのです。
源頼朝は、「現状に不満を持つ人」へ目をつけます。

実は、平氏へ取り入った武士が勢力を拡大する一方、
多くの武士が先祖から受け継いだ
領地や地位を脅かされていたのです。

なんと、源頼朝同様、
肩身の狭い思いをしている武士がいたのです。

そこで、手紙を彼らに出します。
「土地の支配権は、全て源頼朝に任せろ。
これまでの土地采配は、全てリセットする」と。

これ、ハッタリです。
実は、
これが、功を奏します。

(源氏の子孫がいうからね、説得力はあるよね)
三日後に
安房国の一族が源頼朝へ合流しました。
数週間後、
次に、下総の国の一族の300人が合流しました。
言い伝えが、いまも、千葉にあるらしいです。
地元の武士50人が待っていて、合流し
300人が待っていて、合流し
1000人が待っていて、合流し
一緒に軍勢を集めて
房総半島を北上したのです。

しかし、その中で、
一大豪族の「上総広常」は、賛同せず。
様子見をしていました。
「上総広常」が、なんと2万人を従え
源頼朝の前に姿をあらわしました。
数が多いです。その場で、
源頼朝の首をとることもできました。

会談では、源頼朝は
「遅いぞ!」と一喝したのです。
気迫に圧倒され、
上総広常は合流を決めます。

2020年あなたなら
どんな「大逆転」を考えてますか?
【4年ぶり!!】2020 令和2年 1月13日 祝日 三嶋大社開運初詣ツアー
日本大開運協会理事 遠藤裕行先生と行く
パワースポット三嶋大社参拝 『2020 開運初詣参拝ツアー』