<大逆転その6> 三嶋大社へ参拝する人は、読んでおきたい 絶体絶命の「源頼朝」奇跡の大逆転ストーリー。

□なんと空席ができました。残席4です!
この参拝ツアーも大逆転なるか??
【三嶋大社参拝まであと2日】
□1/13朝活シェアカフェ「開運初詣ツアー」
三嶋大社へ参拝する人は、
読んでおきたい絶体絶命の
「源頼朝」奇跡の大逆転ストーリーを押さえて下さいませ。
 
<大逆転その6>
三嶋大社へ参拝する人は、読んでおきたい
絶体絶命の「源頼朝」奇跡の大逆転ストーリー。
 
富士川の戦いでほとんど戦わずに勝利。
源頼朝は、房総、武蔵の武士を味方することに成功。鎌倉を本拠にしました。
ちなみに、鶴岡八幡宮の流鏑馬やぶさめは、
源頼朝が始めました。
討ち死にした人の墓をたびたび訪れた、
源頼朝。大粒の涙を流すこともあったとか。
 
関東武士たちも、源頼朝自身も、
戦をしながら、共に戦いながら、
大逆転ストーリーを描きながら、
生き方を学んだのかもしれません。
京都と、関東と2極化。
もちろん、サイドストーリーはいくつもあり、
どの人の目線で見るかによって、
解釈や真実かは・・・それぞれです。
ですが・・・
大逆転したことは確かです。
源頼朝の持っていた能力に
言葉の力や、、決断力や、思いの強さや、
人望や、リーダーシップやマネジメントや
いろいろあるでしょう。
そんなものは、いろいろあっていいのです。
 
流罪で、伊豆へ行き、
まどろんで松の木で寝ていた彼が
カタチはどうあれ逆転して
鎌倉幕府を作り
武士の時代となったのは事実なのです。
その後、700年程の武士の時代が続く、
幕開けとなったのです。
絶体絶命からの大逆転!
まさに旗揚げ。再興なのです。
40人が、20万人へと増えたのです。
たった40人からのスタートですよ。
「40人から20万人ですよ。」
もっと言ってしまえば、
流罪からだと、
たった一人からのスタートなのです。
しかも、
やる気のない「たった一人」のスタートです。
そうです。
もう、言わなくても わかりますよね。
たった一人のあたなが、
大逆転の一端を担うのです。
この令和時代の
「大逆転ストーリー」を創るのです。
物語を創造するのは、
 
奇跡を起こすのは、【あなた】です。
 
そのキッカケ作りは、
 
【三嶋大社】です。
 
一緒に、「三嶋大社」へ行きましょう。
(終わり・・・完)
 
【4年ぶり!!】2020 令和2年 1月13日 祝日 三嶋大社開運初詣ツアー
日本大開運協会理事 遠藤裕行先生と行く 
パワースポット三嶋大社参拝 『2020 開運初詣参拝ツアー』
 
□三嶋大社 夏祭り 頼朝公は令和でも人気!