誰でも経験する重要な会議とは???

□ 選挙も終わり・・・・
あと2週間すれば「東京オリンピック」
無観客?、なんの種目が、どこで行わるのかが分からい
「一体どうなっているのだ~」と叫びたくなります。
「東京オリンピック」に関する、これって打合せとか会議に問題があるのでは。
先日、福祉関係のお話を聴く機会がありました。
今後は、、難病の患者さん高齢の患者さんも
本人希望により医療機関から在宅医療に移行する動きがあると言う話でした。
すみません。ここで重い話になります。
余命が宣言されている小児の難病の患者さんが、在宅医療に希望したとします。
移行するたベビーカーを購入します。ベビーカー自体は補償されます。
難病小児はそれぞれの体型に合わせフルオーダーでベビーカーを制作し、
更に酸素ボンベ、機材のバッテリーなど総重量80kgに耐える特別製です。
「どれくらいの制作期間がかかると思いますか?」
「2か月」です。 余命が1年だとしたらもう時間との戦いです。
専門家が、生活支援、医療プランを「会議・打合せ」決めていくのですが、
感情的な要因もあって、なかなか決まらないそうです。
会議は自分だけでなく相手の人生の時間を使います。
なんだか考えさせられるお話でした。
相手の思いやりこそが会議の基礎だと思います。
昭和世代は親の見送るとイベントがあります。
親族の話し合いや打合せなどの流れをもう一度考えるだけで、
お互いの時間を使わず人生を有効に過ごせるのではないでしょうか。
そんな重要な会議のヒントになる朝活です。
□7月10日(土)09:00-11:30 ZOOM開催 (*アーカイブ視聴も可能)
朝活シェアカフェ☆谷益美 流『思わず、発言したくなるオンラインMTGの作り方』
~オンラインの打ち合わせに必要なモノとは??~
 谷益美先生の登壇です。
「オンライン新時代」だからこそ語れる。
谷益美先生のファシリテーションテクニックを身に着けて
コロナ時代を時代を生き抜く「意識改革」をしましょう。
□ お申込み FB イベントページ
↓ ↓ ↓
□ 参加申し込みページ
↓ ↓ ↓